HOME > 議会の動き > 日本共産党渋谷区議団が、幹事長会に提出したの2件の意見書が、3月17日の幹事長会で審査されました。

日本共産党渋谷区議団が、幹事長会に提出したの2件の意見書が、3月17日の幹事長会で審査されました。

日本共産党渋谷区議団が、幹事長会に提出したの2件の意見書が、3月17日の幹事長会で審査されました。「新型コロナウイルス感染症対策の抜本的強化を求める意見書 (案)」については、立憲民主、れいわ渋谷、シブヤ笑顔、鈴木、須田両議員は文言修正を含めて賛成しましたが、自民、公明が反対。「刑法の強制性交等罪の早急な改正を求める意見書 (案) 」は、立憲民主、鈴木議員が文言修正を含めて賛成しましたが、自民、シブヤ笑顔、公明、れいわ渋谷、須田議員などの反対で、それぞれ区議会として意見書を挙げるには至りませんでした。